全身脱毛を受ける前は日焼けに注意!

日焼けしないようにする

全身脱毛の施術前に気をつけておかなければいけないことは日焼けをしないことです。夏の時期などは特に強い日差しの下を歩くだけで日焼けしてしまいます。日焼けのために脱毛が進まなかったり脱毛ができなくなることもありますので、出来る限り注意することが必要です。

 

日焼けしないようにする

日焼けした肌に脱毛器を当てると肌トラブルを起こす危険がある

脱毛サロンで取り扱っている脱毛器はムダ毛の黒い部分に光が反応してムダ毛を焼き切るように作られています。

 

肌が白い場合は脱毛器が上手に反応するのですが、日焼けをして色が濃くなってしまった肌の場合は、脱毛器が日焼けした肌に反応してしまうことがあります。そうなりますと肌は炎症を起こすなどトラブルを起こす場合がありますから、危険です。

脱毛前には日焼けしないように対策を取ろう

脱毛の予約をしていたのに少しでも日焼けをしてしまったがために脱毛を断られてしまうことがあります。脱毛ができなくなってしまったら全身脱毛の予定が崩れてしまいますから、脱毛の前には肌が日焼けしないようにできるだけの対策をとるようにしましょう。

  • 常に日焼け止めをつけて肌を守るようにする
  • 肌の露出を避ける

このように日焼け対策を取っていれば、肌の日焼けをだいぶ防ぐことができますから施術に問題が起きることはほとんどなくなります。

 

たとえば腕の脱毛をしているときは必ず夏でも長袖を着て肌の露出を避けるようにしなければいけませんが、全身脱毛は腕だけでなく足や顔なども脱毛しますから、長ズボンや帽子、サングラスなどで全身を守るようにしましょう。

 

施術前だけでなく脱毛後も日焼けを避けることは大切です。脱毛をしたことで肌は弱っていますから、脱毛が終わったからと行って肌をさらしていれば、日に当たって炎症を起こしやすいです。

 

脱毛が終わると気を抜いて日焼け対策を忘れがちですが、脱毛前も脱毛後も、同じく日焼けしないよう肌を守ることを心がけてください。全身脱毛をしている間は日差しの強いところは避けることを一番に考えましょう。

もし日焼けしてしまったら脱毛する部位を変えてもらおう

いくら気をつけていたとしてもどうしても日焼けをしてしまうこともあります。そんなときは、脱毛サロンに前もって日焼けをしたことを伝えて脱毛する部位を変えてもらいましょう。

 

脱毛箇所によっては日に当たらないために日焼けをしていない場所もあるはずです。全身脱毛で場所を分けて脱毛をしている場合は、事情を話して他の部位の脱毛に変えてもらうことも可能ですから、脱毛サロンに相談してください。

関連ページ

事前処理について確認しておく
全身脱毛をスムーズに進めるためには、事前処理が必要です。脱毛してもらうのだから事前処理はいらないのでは?という方もいらっしゃるでしょうが、事前処理を義務付けている脱毛サロンも多いですから、脱毛の施術前日までには確認しておきましょう。
全身脱毛の後はしっかり保湿する
全身脱毛をした後は脱毛サロンの方で独自の美容液などをつけてアフターケアをしてくれることが多いですが、それだけで肌のお手入れを終わりにしていいというわけではありません。脱毛後のケアは非常に大切です。