全身脱毛のキャンセル・遅刻はどうなる?

キャンセルや遅刻について確認しておく

全身脱毛は部分脱毛よりも脱毛サロンに通う回数が多いですから、キャンセルや遅刻がどのような扱いを受けるかが気になります。

 

毎日忙しい生活を送っている方は、何かの都合で脱毛をキャンセルしなければならなかったり、遅れてしまうこともあります。忙しい方は特に、キャンセルや遅刻した場合の対応について脱毛サロンに確認しておきましょう。

 

キャンセルや遅刻について確認しておく

遅刻の場合はペナルティが発生する場合が多い

電車やバスの都合などで10分程度予約時間から遅刻した場合、施術時間がその分だけ短くなることはありますが、特にペナルティが発生しない脱毛サロンが多いです。

 

しかし、15分以上の遅刻の場合は、キャンセルと同じ扱いになって1回分の料金が取られる上に、予約を取り直さなければならないことが多いです。

 

脱毛サロンによって遅刻に対する考え方は異りますから、不安な方は特に全身脱毛の契約をする前に脱毛サロンに遅刻の扱いについて確認しておきましょう。

 

そしてもし遅刻しそうな場合は、ペナルティがなかったとしても脱毛サロンには連絡を取るようにして、基本的には予約時間より10分前ぐらいには脱毛サロンに到着するようにしてください。

キャンセルの場合はプランによってはキャンセル料がかからない

予約をした日にどうしてもいけなくなってしまうことはあります。もちろん直前のキャンセルの場合はキャンセル料などが発生してしまうのですが、プランによってはキャンセル料がかかりませんから脱毛サロンに確認しておく必要があります。

 

たとえば、キレイモで回数パックプランを申込んだ場合は、前日までに予約変更の連絡をしておきさえすれば、チケットの回数も減りませんし、予約を変更することは可能です。その場合はキャンセル料もかかることはありませんから安心です。

キャンセルをする場合は、損をしないよう早めに次の予約を脱毛サロンで取ろう

シースリーが行っているような月額制通い放題のコースであれば、1回行けなくなったからといって1回分の料金が発生するわけではありません。しかし人気サロンですと、同じ月で次の予約をとることが難しく、結局は1ヶ月分の料金を無駄にしてしまうこともあります。

 

キャンセルしなければならなくなったときは、次の予約をすぐに脱毛サロンでとっておくようにしてください。

 

月額制のプランですと、予約を取り直したら数カ月先になってしまったという場合は何ヶ月分も無駄に料金が発生してしまうことがありますから、少しでも早い時間に予約が取れるように、キャンセルした時その場で新しい予約をとるようにしましょう。

関連ページ

通い方が自分に合っているサロンを選ぶ
全身脱毛は何回かに分けて行うこととなりますので、通い方が自分の都合に合っていることが必要です。自分の肌質と脱毛に通うために必要な時間を考えて、自分の都合に合った通い方が出来る脱毛サロンを選ぶようにしましょう。
契約する前に脱毛範囲について確認しておく
全身脱毛と聞けばすべてのムダ毛を脱毛してもらえると思っている方は多いです。しかし全身脱毛の範囲は脱毛サロンによって考え方が異ります。範囲に入っていないために追加料金が必要になることもありますから、脱毛範囲については事前に確認しておきましょう。